時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2011-10-26

Top / ブログ / 2011-10-26

コンニャク騒動2

 今日の夕食はコンニャクです。コンニャクの刺身で一杯というわけです。いよいよ試食の時が来ました。形は、おたふく風邪のなりそこないのような、しまりなく膨らんだような、膨らんでないような、それでもまあまあ、一応、形はあります。早速一口、食してみました。
 ン??何だこの味は・・・。本当に微妙な味なのです。プリンプリン感がなく、そうかといって液状でもない。年取ったナマコをしばらく天日干しにして、ふくらし粉に漬けたような、複雑な味なのです。
 うまいかと言われれば、うまくはない。しまりがあるかと言われれば、しまりはない。ふくらし粉と凝縮粉を一緒に入れてかき回したんだから、しまりのあるはずはない。口の中で、グニュグニュするナマコ状の物体をしばらく咀嚼して、一気に飲み込んだものの、二切れ目はどうも食欲が湧かない。

画像の説明

 しかし、くそ意地悪気に必死で捏ねまわした妻の手前、吐き出すわけにもいかず、そっと飲み下しました。二切れ目以降は、味噌味を濃くして、一気に食べましたが、とても全量食べることもかなわず、ギブアップしました。
 妻が、「やっぱり捨てようか」と言ってくれたので、「そうだね、それがいいね!」とすぐに衆議一決。明日那須に帰る時、車に乗せて、畑にでもぶん蒔いて来よう、ということになりました。
 そのうち、必ず再チャレンジします。(-。 -; )



コメント


認証コード(9117)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional