時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2013-03-30

Top / ブログ / 2013-03-30

寒空の中、震えながらお花見をしました

画像の説明

 今日は、嬉しい楽しいお花見です。高齢者のカラオケ仲間10人で幸手権現堂桜堤で盛大にお花見をする予定でした。当然、場所取りも必要です。仲間の一人が早起きして、5時半に場所の確保をしてくれたんです。
 ところが、ところがです。今日は生憎、朝からシトシトと小雨交じりで、しかも猛烈に寒い!2,3日前のポカポカ陽気はどこへやら、真冬と全く変わらないような気候だったんです。そのため、幹事一同協議をした結果、折角場所取りをした権現堂公園を泣く泣く撤収することにしました。
 撤収後は、暖かいカラオケの店に直行してしまおうかという話も出ました。でも、お酒やおつまみ、それに立派なお花見弁当など、予め酒盛り一式道具が準備万端整っていました。それらを抱え込んで店に入るのは、いくら厚顔無恥な我々でもまずかろうということになったんです。それで、先ずはそのカラオケのお店の前にある桜の木の下で1時間ほど酒盛りをし、酒やつまみをあらかた消費してから店になだれ込もうということになりました。
 店の前は丁度うまい具合に、小公園になっており、普段は、付近の老人クラブがゲートボールなんかをして楽しんでいる場所なんです。お誂え向きに、写真でご覧のように、桜も10本くらいあります。しかも、桜はほぼ満開状態。言うことなしです。
 まずは、ここで酒盛りをして、お弁当や酒、おつまみ類を消費しようということになりました。

画像の説明 画像の説明

 写真は、その時に撮ったものですが、とにかく形容しがたいほどに寒い。シートの上にひと揃い食べ物を並べ、宴会が始まりましたが、寒くて手もかじかむ位で、話をする気にもなれません。カラオケ店が石油ストーブを一台貸してくれましたが、寒空の公園にストーブが一個あっても、太平洋にストーブ一台という感じで、何の役にも立ちません。大して飲んでもいないのに、代わる代わるカラオケ店にトイレを借りに行き、しばらくそこで暖をとり、また戻ってくるという始末です。
 今日は土曜日、明日の日曜日は雨模様との予報ですから、お花見のチャンスは今日しかありません。きっと権現堂公園でも、寒さと格闘している花見客が沢山いることでしょう。皆さん、満開時の花冷え、どう過ごされましたか?きっと恨み節を唸って、早々に引き揚げた方も多いのではないでしょうか。
 
 二次会は、もう一目散、カラオケ店に直行。ようやく生き返ったような気分になり、カラオケのオンパレード。時の過ぎるのも忘れ、気がついたときは、10時を回っていました。12時から始まったわけですから、通算、10時間も飲んでいたということになるんですね。今頃の年寄りってホントに元気がいいですよね~。え?私はそんなに元気ではありませんよ。(^ー^* ) 



コメント


認証コード(2756)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional