時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2016-02-06

Top / ブログ / 2016-02-06

シルバー仲間のカラオケ大会に行ってきました

 今年最初のシルバーカラオケ大会です。といっても、たかだか12,3人の集まりです。しかも、高齢者ばかり、60代、70代、それに80代までいます。
 こういう年齢層の世代ですから、楽しみといえば、「飲んで歌って」というのがお決まりのパターンということになります。もっとも、カラオケだけでなく、年に1回は皆で旅行にも行きます。昨年は、福島県会津方面に旅行に行ってきました。

画像の説明

 この仲間との付き合いは、結構長いんです。一番長い人とは、かれこれ30年くらいになるでしょうか。
 嘗ては、居酒屋主催のバス旅行なんていうのもありました。大型観光バスを借り切って、近県の観光地に旅行に行ったものでした。そういう時は、バスが発車するとすぐに缶ビールが配られ、カラオケが始まります。カラオケの嫌いな人にとっては地獄でしょう。でも、そういう仲間は、もともとこの仲間に入ってきません。
 最近は、全体的に高齢化が進み、そういう催しもなくなってきました。30人くらいになると、幹事役が大変で、全員の希望を汲み入れることが難しく、会の運営に支障をきたすようになってきたんですね。年寄りは、我儘ですから、幹事は引き受けたくないけど、文句だけは言わせていただきたい、なんていう人もいるからです。

ここの仲間はいいひとばかり

画像の説明

 その点、ここに残ったメンバーは、ほとんど我儘も言わず、幹事の言うことを素直に聞いてくれるので、会の運営にそれほど苦労はありません。特に、我々が「会長」と呼んで慕っている方は、企業の役員をしているんですが、世話好きで、みんなの面倒を見てくれるんです。
 カラオケ大会の商品なども、「北海道名産」なんていうものをわざわざ自分で注文し、もって来てくれるんです。顔なじみの仲間と、酒が飲めてカラオケも歌える。その上、商品まで出してくれる、となればみんなが集まるのは当然でしょう。
 もっとも、個人的には、商品などなくても、みんなと集まってワイワイやるのが好きですから、そういうことに無関係に参加しますけどね。

賞品は適当に

 名目上、カラオケ大会となっているので、一応、得点で順位を決めるんですが、賞品は適当なんです。今回は会長の意向で、偶数番に賞品がつくことになりました。
 つまり、2位、4位、6位が受賞者という具合です。トップの点数を出した人には商品がない、ということです。私は6位くらいに入ったので、商品の恩恵にあずかることができました。

更に2次会に

画像の説明

 ここのお店、今日は10時までで閉店ということでした。飲んで騒いでいる最中にお開きということです。高齢者の集団ではありますが、誰言うともなく、二次会に行こうということになりました。
 花春という居酒屋です。このお店も、我々のカラオケ大会ではしばしば利用している常習店です。ここでもまたひとしきり飲んで騒いでいるうちに、時計はいつの間にか11時半。あれまあ、もうこんな時間。もう帰らねばと思いましたが、女性が「代行車を呼ぶ」というので電話したところ、たっぷり1時間はかかるとのこと。
 女性だけ置いて帰ったのでは男の名折れ、申し訳ないので、私も代行車の到着まで付き合うことにしました。結局、12時半にお開きとなったのであります。午前様なんて、本当に久しぶりのことで、ちょっぴり現役に戻ったような気分になったのであります。



コメント


認証コード(2500)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional