時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2019-04-05

Top / ブログ / 2019-04-05

幸手権現堂のお花見に行ってきました

老妻と二人だけの花見

画像の説明

 年中行事のお花見のため、地元幸手市にある権現堂公園の桜見物に行ってきました。
 この公園、私がここに引っ越してきた昭和52年、つまり今から42年前は、それほど有名ではありませんでした。桜の木もそれほど太くなかったんです。以来、42年、さすがにこれくらいの年月が経つと、桜の木も隆々とし、大木になりました。一方、私の方は細々と、惨めったらしく枯れてきました。
 幸手の桜は、黄色い菜の花畑とのコントラストが素晴らしいということで有名なんですね。堤に沿って咲く菜の花畑、それに加えて満開の桜とくれば、もう最高です。
 今日も、老妻と二人、家から徒歩で出かけました。もう子も育ち、孫も中学になる年齢ですので、みんなで出かけるということも少なくなりました。それが一番寂しいですね。
 往復で12,000歩くらいです。まあ、これくらいなら、いまのところ何ともありません。

缶ビールと日本酒で乾杯

画像の説明

 二人だけですが、一応、缶ビールと日本酒、といってもワンカップですが、それにイカの燻製など花見の一式道具を仕込みました。調達したのは、途中のコンビニです。
 現地に着いてみると、今日は平日の金曜だというのに、結構花見客が集まっていました。最近は、TBSやNHKで中継するので、見物客が多くなったんです。もちろん、地元としては大歓迎です。できれば地元にお金も落としていってくれると、もっと有難いんですけどね。ついでにわが家に投げ銭でもしていってくれたら、もっと嬉しいんですが、今時、そういいう奇特な方はおられません。明日の土曜と明後日の日曜は、人出がもっと増えることでしょう。

a:65 t:2 y:1

 

 



コメント


認証コード(9879)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional