時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

大麻は本当に取り締まるべきものなのか

大麻は本当に取り締まるべきものなのか

高樹沙耶氏逮捕のニュース

 女優の高樹沙耶氏が10月25日に逮捕されたというニュースは、マスコミでさんざん取り上げられましたから、知らない人はいないでしょう。容疑は、沖縄県石垣島の自宅で大麻を隠し持っていたからという理由です。逮捕したのは、警察ではなく、厚労省関東信越厚生局麻薬取締部だそうです。通常、「麻取」と言われる部署ですね。(因みに、大麻は英語で「カナビス」、スペイン語で「マリファナ」です。)

画像の説明

 彼女は、先の参院選で新党改革から東京都選挙区に出馬していたんです。出馬に際し、彼女は、「医療用大麻の解禁」を訴えていたんだそうです。「そうです」というのは、これまで特に彼女にも、新党改革にも、大麻にも全く興味がなかったからです。第一、マスコミでもほとんど取り上げられていなかったのではないでしょうか。
 立候補に際しての彼女の主張は、次のようなものでした。
「医療用大麻は世界ではさまざまの医療機関で使われています。しかし、我が国では麻薬という誤解を受けており、研究すら難しいのが現状です。
海外の立証が真実なら、私たちの国で行われていることは人権侵害にもつながることではないかと懸念しています。」
 この主張自体、間違っているようには思われません。そう思う私の感覚がおかしいのでしょうか。

マスコミ報道は非難一色

 彼女の主張自体に特段の問題はないのに、マスコミの報道を見ていると、どの局もどの新聞も、非難一色でした。「彼女の主張にも耳を傾けてみようよ」とか「彼女の主張にも一理あるよね」といった主張は、どこにも見当たりません。
 私は、少々ひねくれ者なので、マスコミが非難一色の時は、一歩引いて考えてみることにしています。これまでマスコミがこぞって非難してきた人物のその後を見ると、結果的に私たちを含めたマスコミの方が間違っていたという事例が余りにも多かったからです。

画像の説明

 堀江貴文氏然り、佐藤優氏然り、鈴木宗男氏然りです。皆、渦中にある時は、マスコミから集中砲火を浴び、これら3人は、それぞれ刑務所送りとなりました。しかし、その後の彼らの行動は、社会から受け入れられ、講演会やら出版物、果てはメルマガに至るまで引っ張りだこです。決して彼らが宗旨替えをしたわけではないのに、です。私は小保方晴子さんだって、将来、見直され、復権するのではないかと確信しています。
 このように、結果的にみれば、非難した私たちの眼の方が曇っていたということです。例えば、堀江貴文氏の行為は証券取引法の違反容疑でした。有価証券報告書虚偽記載という嫌疑です。では、東芝の場合はどうだったでしょうか。同じ証券取引法違反であり、歴代の社長が虚偽記載の事実を認識し、部下にそれを強いていたのです。多くの投資家を裏切り、株価暴落で多大な損失を負わせました。それなのに東芝の歴代社長は、誰一人、塀の中には収監されませんでした。つまり、私たちの社会は、弱い個人は皆で叩き、塀の中にぶち込み、名だたる大企業に対しては穏便にすますという習癖があるのです。「池に落ちた(弱い)カエルは叩け」を地でいっているのです。
 このような反省から、私は、マスコミが集中砲火を浴びせているときは、一歩引いて、何が真実なのかを考えることにしているんです。

大麻は本当に社会悪なのか

 まず、大麻というものは、本当に社会から徹底的に放逐すべき悪い植物なのか、その点から考えてみることにしましょう。

画像の説明

 私は、昭和18年生まれの73歳です。その私でも、子どもの頃は「麻」というものは身近な存在でした。麻でなった(「縄をなう」のなうです)麻縄なんて常に身近にありましたし、麻で編んだ夏用の衣類も沢山ありました。私自身、子どもの頃に普通に使っていた麻縄は「非常に丈夫なもの」という印象が残っています。
 因みに、私たちの身近な神社のしめ縄も麻で作られているそうです。伊勢神宮のお札のことを「神宮大麻」と言うそうでが、この大麻(おおあさ)は天照大神(あまてらすおおみかみ)の御印なんだそうです。
 神職がお祓いに使う大幣(おおぬさ)も大麻とも書き、麻の糸を使用しているそうです。神道とも関わりが深く、穢れを祓う紙垂(しで)も古くは麻の枝葉や麻布であったとされています。相撲の土俵の上のしめ縄も麻が使われているそうです。天皇陛下が行う大嘗祭に使用するまわしを「あらたえ」と言うそうですが、これも麻で作られているんだそうです。

画像の説明

 このように、麻は「神聖な神の草」とも言われ、日本では古来より栽培され、私たちの生活に深くなじんできた植物なんです。先ずは、これを押さえておく必要があります。

いつから悪い植物に変わったのか

 このように、日本では「神聖な神の草」として崇められてきたものがいつから、「麻薬」のような悪名高きおどろおどろしい草ということになってしまったのでしょうか。その最大の原因はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)にあります。日本の敗戦に伴い、連合国軍(実質的には米軍ですが)が、占領統治のために日本にやってきました。占領時の昭和20年10月12日、マッカーサーが指令を出します。「日本における麻薬の生産及記録の統制に関する件」がそれです。

日本に於ける麻薬の生産及記録の統制に関する件

一、麻薬の種子及び草木の植付、栽培を禁ぜらる、現在植付られ、栽培せられ居る此等のものは直ちに除去すべし、且つ除去せられし量、日時、方法、場所、土地の所有権を連合国軍最高司令部へ三十日以内に届出づべし
二、連合軍最高司令官の許可なくして、何人たりとも麻薬の輸入は禁ぜらる
三、麻薬の輸出並に製造を禁ず
四、麻薬の原料、未完成品、或は喫煙用の麻薬の全ストック、コカインの原料及び未完成品、ヘロイン及びMarijuana(Cannabis Sativa L.)を凍結す、且つ連合国軍の許可なくして移動、除去、使用或は売却、此等に関する書物及び記録を禁ず
五、麻薬の取扱に関する総ゆる現存記録は保存し置くべし
六、定義
A、麻薬とは阿片、コカイン、モルヒネ、ヘロイン、Marijuana(Cannabis Sativa L.)及び此等の種子、草木、総ゆる派生品、混合物或は編成品を含む
B、ヘロインはその総ゆる派生品、合成品、塩、混合物、或は調製品を含む
C、人とは医師、商人、薬剤師、政府専売者、及び他の総ゆる人保管所、合名会社、株式会社、有限責任会社、協会、此等に就いて総ゆる責任者を含む
最高司令官代   高級副官   H.W.アレン大佐

 この指令中に2箇所記載のある「Marijuana(Cannabis Sativa L.)」が大麻です。マリファナがスペイン語、カナビスが英語表記というわけです。この命令を受け、日本政府は、1948年に大麻取締法を制定することになります。当然、占領という特異な環境下ですから、GHQに抗うことなど到底できる状況ではありませんでした。
 本来なら、占領政策が終了した段階で、占領国の命じた法律(憲法も!)などすべて廃止するなど、見直すべきだったと思いますが、当時の社会情勢は、それが許すような状況ではなかったのでしょう。

画像の説明

 なぜなら、占領中に行われていたWGIP(ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム)により、日本人の多くは完全に洗脳されていたからです。国民すべての通信文書は、はがきに至るまですべて検閲の対象でした。封書もすべて開封され、検閲されていたのです。その作業は、GHQに雇用された日本人約3万人によってなされていたのです。
 マスコミに対しても、厳しい報道規制がなされていました。GHQに対する批判、極東国際軍事裁判に対する批判、GHQが日本国憲法を起草したことに対する批判、検閲制度への言及、アメリカ合衆国への批判、ロシアへの批判、英国への批判、朝鮮人への批判、中国への批判、等々、30項目に及ぶ事項が批判することを禁じられていたのです(詳しくは、ケント・ギルバート「まだGHQの洗脳に縛られている日本人」を参照)。
 その結果、連合国側がすべて正しく、日本はすべて悪かった。民意に反して軍部が国民を戦争に引きずり込み、侵略戦争によりアジアの人々と戦ったと教育される一方、日本政府への批判・攻撃は一切のお咎めなしでした。東京大空襲も全国93都市を含む200近い地域の空襲も、広島・長崎への原爆投下もすべて日本が過ちを犯したからだ、と刷り込まれてしまったのです。日本は、真珠湾攻撃でさえ、一般市民を攻撃対象にすることはありませんでした。しかし、米軍は、最初から非戦闘員である一般市民を対象として無差別の攻撃をしたのです。そんな卑劣な国が、占領統治下で各種の指令を発し、日本古来の伝統文化を破壊してきたのです。
 憲法だって、占領下の日本で、法律の素人ばかりの米国人19人が7グループに分かれ、コピペの作業で作った草案を押し付け、しかも「GHQが憲法草案を起草したこと」すら批判することを禁じたのです。それがアメリカという国です(詳しくは、月刊WILL11月号「象徴天皇は私たちが作った」「4日で作られたコピペ憲法」など参照)。
 憲法の大家、大御所と言われた東大の宮沢俊義教授でさえ、戦前は「天皇が神の後裔として、現人神として」と言っていたのに、戦後、GHQによる公職追放の危険が迫ると、途端に宗旨替えをし、「天皇は・・・何らの自主的な権力を持たず、ただ内閣の指示に従って機械的に「めくら判」を押すだけのロボット的存在にすることを意味する」(詳しくは、「民意の嘘」(櫻井よしこ・花田紀凱)134ページなど参照)なんて、180度変節して恥じない時代だったのです。憲法の大家(!)が、天皇は「めくら判を押すだけのロボット的存在」、と言っていたのです。
 こういう時代ですから、日本の伝統文化の中で広く栽培されていた大麻が、GHQの命令というマインドコントロールによって、禁止法が廃止されなかったのは、いわば当然なのかもしれません。

今一度その功罪を十分に検証すべき

 このような経緯を踏まえると、私たちは、今一度、大麻は本当に狂気のように悪者扱いをしなければならないほどに邪悪なものなのか、考えてみる必要があるのではないでしょうか。もちろん、私自身は、大麻そのものに興味がありませんし、解禁されたからといって、吸引したり、栽培してみようとも思いません。
 でも、一方的に悪と決めつけるのではなく、どういう利点があり、どういう悪弊があるのか、日本自身の立場で冷静に検証するというのは、決しておかしなことではないと思います。「禁止する法律があるから悪いに決まっている」と言われれば、もちろんそれも一つの理由です。

画像の説明

 でも、ちょっと考えてみましょう。現在、ダイオキシンは「ダイオキシン規制法」(正確には「ダイオキシン類対策特別措置法」)によって、規制されています。猛毒だからという理由です。でも、この法律ができたのは、久米宏のニュースステーションという番組がきっかけでした。埼玉県所沢市のごみ焼却場から大量のダイオキシンが排出され、周辺の土壌を汚染している、というのがその理由でした。
 当然、所沢周辺の農作物はほぼ全面的に出荷不能となりました。早速、国もダイオキシン規制法を定めるなど立法作業を進め、全面禁止となりました。家庭用のごみ焼却炉は販売中止となりました。その結果、家の庭で枯れ木や新聞紙などをチョロチョロ燃やすことすらできなくなりました。庭でゴミなどを燃やしていると、「通報」される時代になったのです。子どもの頃に習った「落ち葉焚き」なんていう童謡も、悪の文部省唱歌になってしまいました。
 しかし、ダイオキシンを一番発生する場所はどこか。それは炭などを燃やす焼鳥屋と鰻屋です。それほどの猛毒ならば、鰻屋のオヤジさんも焼鳥屋のオヤジさんも、みな短命でなければなりません。そんな話聞いたことがありません。科学者の武田邦彦教授の言うように、「日本ではダイオキシンが原因で死んだ人はゼロ」なのです。それにもかかわらず、国は、一度法律を作った以上、決して自分たちが間違っていたと認めようとはしないのです。
 このように、「法律があるから悪い」というのではなく、法律にも良い法律と悪い法律がある、ということを私たちは知るべきです。学業優秀だった官僚が作った法律に悪い法律があるわけがない。それは大いなる誤解です。官僚の最大の関心事は「人事と権限(予算)」です。人事と権限と天下り先が最大の関心事である官僚が作った法律を崇め奉っているあなた、本当にそれでいいんですか?

高樹氏はどのように主張していたのか

 そもそも逮捕された高樹沙耶氏は、逮捕前、どのように主張していたのでしょうか。この点について、同氏は、自身のブログで次のように書いていました。(※現在は削除済みです)

 私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております。
 日本は今自殺や、うつ患者、いじめが増え続けています、これらに大麻が有用である事は証明済みなのです!!
日本の法律が変わり、家庭菜園の仲間に大麻草が植えられる日が来る事を祈ってやみません

ぜひ皆さんも、真実を知ってください!原発が良くて、大麻がだめ?何か間違っていませんか?北海道では皆さんの税金で、この聖なる植物を撲滅しているのです!!
正直申し上げます、私の海外の経験で知りました。
18才ぐらいに初めて知り、時おり食べたり吸引しましたが、しっかり税金も払い普通の社会生活もしてきました、素潜り53メートルとか時々おかしな行動もありましたが、誰かに迷惑をかけたでしょうか???

 高樹氏の吸引した場所は、吸引を許されているアメリカと想像されますが、彼女の言うとおりだとすれば、それほどの害悪をもたらす代物だとも思われません。

画像の説明

 
 この大麻が禁止になった当時、わが日本では麻薬であるヒロポンが野放しだったという事実をご存知でしょうか。このヒロポン、覚醒作用があるというので、受験勉強をする学生に愛用されていたというんです。GHQは、覚せい剤でない大麻を禁じる一方、覚せい剤であるヒロポンは野放していた。こういう現実も踏まえる必要があります。
 しかもこの大麻、実は、今現在、日本の家庭ならほぼ100%どこの家庭にもあります。大麻の「所持」そのものが犯罪なら、あなたも大麻所持の罪で逮捕されることになります。なぜなら、大麻の種は「七味唐辛子」に入っているからです。七味唐辛子がない家庭はまずないでしょう。家庭にはなくても、食堂などでは利用している筈です。
 でも、ご安心ください。大麻取締法では大麻の定義から「大麻草の種子は除く」と規定されているんです。昔から日本の伝統的な食材として利用されてきたものですから、禁止の対象からは除かれているんです。なお、「種子」と言っても、熱処理されて発芽できないものだけが禁止除外となっているだけですから、種子から栽培したりしたら、御用となりますので、注意してください。

習慣性はあるのか

 この大麻という植物、吸引することにより常習性はあるのでしょうか。この点について、アメリカのオバマ大統領は、米誌『The New Yorker』のインタビューで、大麻合法化について聞かれた際、次のように答えています。

画像の説明

「大麻吸引は健全な行為とは言えないが、個々の消費者に与える影響という点では、アルコールほど危険ではない」(出典: ロケットニュース24)。
また、2008年に、イギリスの研究団体ベックリー財団(英語版)も「大麻は精神及び身体を含む健康問題で良くない場合があるが、相対的な害では、それはアルコールかタバコより極めて害が少ない」とする報告書を発表しています。
 この両者に共通しているのは、「アルコールよりも害(又は危険)が少ない」という点です。アメリカ在住中に大麻を吸引していたという高樹沙耶氏自身も同様の感想を述べています。もちろん、習慣性があると主張する人がたくさんいることも事実です。
 でも、そもそも、習慣性、常習性があること自体は、それほど非難されることではない筈です。例えば、たばこやアルコールにも習慣性、常習性があります。私は、若い一時期、たばこを吸っていましたが、習慣的になっていました。また、アルコールも、私自身、自分の意志薄弱ゆえ、ここ数年、毎日晩酌を欠かしたことがありません。完全に常習性患者と言ってもよいでしょう。こういった習慣性・常習性のあるタバコやアルコールが公に認められているんですから、「常習性」そのものは、それほど非難に値する要素ではない筈です。毎日酒を飲んでいてやめられない私が、非難されたことはないからです。もっとも、妻からは、酒を購入する都度、「こんなにたくさん飲んでも、全部オシッコになって出てしまうだけなんだからもったいないわよね~」とこぼされることは事実です。ボケ老人として、つらいのはそれだけです。

高山正之「放言BARリークス」(上念司氏との対談)(大麻に関する話題が出てくるので参考にしてください)

酩酊状態の有無

 次に、大麻を吸引した場合、酩酊状態になるのでしょうか。これは想像するしかありませんが、その量によるのではないでしょうか。大量に吸えば酩酊状態になるし、微量ならばほとんど影響がない。だったら、酒も同じですね。酒も、飲みすぎれば酩酊状態になるし、呂律も回らなくなる。笑い上戸も泣き上戸もいます。
 参考までに、大麻を吸引した時と吸引していない時の違いを、次の映像でご覧ください。(吸引を禁止されていない外国での実験と思われます。)
◆大麻吸引時と吸引していない時の状態の比較→こちら

 この映像を見ていると、正しくアルコールを飲んだ時と全く同じと言っても過言ではありません。酒も、ほんの少しなら気分もよく陽気になり、軽口も叩くようになります。当然、身体動作の反応も鈍くなります。中には痴漢行為など、不埒な行動に走る者もいるでしょう。しかし、少量なら、寝つきもよく、快眠作用があります。つまり、大麻もアルコールもこの点での差異はあまりなさそうです。

廃人になるのか

画像の説明

 では、大麻にはそれを吸引することによって、廃人になる可能性はあるのでしょうか。この点については、いろいろの説があるようですが、廃人になるとまで断定している専門家はいないようです。
 比較する場合は、覚せい剤との相違で考えると分かり易そうです。
先ず、「大麻は覚せい剤ではない」。このことをきちんと押さえておく必要があります。大麻には、依存性が無く危険なことはあまりない、というのが一般的な見解のようです。これに対して、覚醒剤は、依存性が高く、人格崩壊や薬が切れたときのつらさから事件を引き起こしたりすることもある、とされています。大麻は禁止薬物であるゆえに、その研究に関する専門家がほとんどいない、というのが実情です。いずれにしろ、覚せい剤とは異なり、廃人になるという危険はほとんどなさそうです。

因みにアメリカでは

図1

 日本に大麻の使用を禁じたアメリカの現状は、どうなっているのでしょうか。右の図に示す通り、アメリカではすでに25の州で医療用の大麻使用が合法化されており、更に、今年11月、トランプ大統領が選出された際、同時に行われた住民投票により、新たにフロリダ、ノースダコタ、アーカンソーの3州で合法化が決定されています。
 また、娯楽用の大麻についても、コロラド、オレゴン、アラスカの3州と首都ワシントンで、既に合法化されています。更に、今年11月、トランプ大統領が選出された際、同時に行われた住民投票により、新たにカリフォルニア、マサチューセッツ、ネバダの3州で娯楽用大麻使用の合法化が決定されています。
 このようにアメリカでは、大麻(アメリカではマリファナ)合法化の流れが加速しているという現状を踏まえておくべきでしょう。
 その他の国における大麻については、概略、下表のようになっています。
画像の説明

研究は進めるべき

画像の説明

 結論としていうならば、大麻に関しては、高樹沙耶氏が主張するように、「医療用大麻は是認すべし」という主張自体、特段社会的非難に値するものではありません。そのような意見が封じられるような社会こそ、健全な社会とは言えません。
 特に、大麻の禁止が日本人自身の発想によってなされたものではなく、占領下の日本でGHQによって禁止されたという歴史的経緯を、私たちはきちんと認識する必要があります。日本人は順法精神に富んでいますから、「法律がある以上、守るのは当然」と思い込んでいる人が圧倒的に多いはずです。もちろん、私もそうです。しかし、前述したダイオキシン規制法のように、一時の感情の高ぶりやマスコミの過剰報道が原因となってなされた、行き過ぎた規制も決して少なくはないのです。
 今回の高樹沙耶氏に対する非難は、余りにも一方的なものであるように思われます。世の中に生じる出来事は、何事によらず100%正しく100%誤り、ということはめったにあるものではありません。なぜ彼女がそこまでの主張をすることになったのか、そこにはそれなりの理由があるのではないのか、そう考えることこそ、社会の前進につながるのではないでしょうか。
 きちんと科学的検証を行い、そのデータを事実として公開し、あとは国民にその判断をゆだねる。それこそが優れた民主主義国家というものでしょう。(H28・10・30記)

▶▶▶世界のマリファナ事情~医療大麻~ モーリー・ロバートソン✖️武田邦彦✖️長吉秀夫 1/2
▶▶▶大麻は解禁すべき(池田晴彦)
▶▶▶世界中で大麻が合法化に進む理由
▶▶▶松本俊彦×堀江貴文】自殺予防編vol.2〜ホリエモンチャンネルクリニック
▶▶▶遂に厚生労働省が合法化に動き始めた件について
▶▶▶【大麻】そんなに悪いものか?



<後日記>

安倍総理夫人の昭惠さんと小池百合子東京都知事の対談の中に、昭惠夫人の大麻に関する発言を見つけたました。次の通りです。

小池 昭恵さんの、立場に縛られない、のびのびとした雰囲気は素敵ですね。次は何が飛び出すのか楽しみです。
安倍 いまは大麻に興味があるんです。
小池 大麻!?
安倍 もちろん吸うわけではありません。ひとつは医療用。もうひとつは、「祈祷用」。現在神道の祈祷で使われている麻は、ほとんどが中国製ですが、日本古来の神とつながる精神性を得るためには、日本製の麻を使う必要があると思うんです。「日本を取り戻す」ことは「大麻を取り戻す」ことだと思っています。
小池 それはユニークな発想ですね。

 なお、小池知事と昭惠夫人の対談をすべて読んでみたい方は→こちらからどうぞ 

 

a:1536 t:1 y:1

    powered by Quick Homepage Maker 5.1
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional