時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

沖縄2紙が報じない米海兵隊員の勇敢な行動

沖縄2紙が報じない米海兵隊員の勇敢な行動

報じられない米海兵隊員の勇敢な行動

 私は、これまでこの欄で、他人の記事を掲載することは極力避けてきました。引用又は転載する場合も、その旨明示したうえで、ごく一部を転載したことはあります。
 しかし、今回は、記事の全文をそのまま転載させていただきたいと思います。その理由は、一人でも多くの人にこの記事を読んで頂きたいからです。
 既に心ある多くの国民が気づいていることではありますが、沖縄の2紙、すなわち沖縄タイムスと琉球新報は、極端な左翼新聞です。米軍の存在そのものを許さない、沖縄駐留米軍のやることはすべて悪だ、という価値観を持つ一方、普天間基地の辺野古移設にも徹底的に反対してきました。
 この基本的姿勢のため、米軍や軍属の行為はすべて許さない。本来なら称賛されるべき行為があっても、無視するか、あるいは言い訳のためにごく小さなべた記事で報じるといった極めて偏向した報道姿勢をとってきました。
 今回の米兵による勇気ある行動も、米兵が対象でなかったら大きく報じられていたはずです。しかし、実際には、殆ど無視されたといってもよいほどに小さく報じられただけでした。しかも、記事の内容を読んでも、米兵の勇敢な行動は一切報じられていないのです。
 そこで、私は、この産経新聞沖縄支局長である高木桂一氏の記事を拡散する必要があると確信し、敢えてここにその全文を転載させて頂きます。



危険顧みず日本人救出し意識不明の米海兵隊員
          (産経新聞より転載)

画像の説明

 12月1日早朝、沖縄県沖縄市内で車6台による多重事故が発生した。死者は出なかったが、クラッシュした車から日本人を救助した在沖縄の米海兵隊曹長が不運にも後続車にはねられ、意識不明の重体となった。「誰も置き去りにしない」。そんな米海兵隊の規範を、危険を顧みずに貫いた隊員の勇敢な行動。県内外の心ある人々から称賛や早期回復を願う声がわき上がっている。ところが「米軍=悪」なる思想に凝り固まる沖縄メディアは冷淡を決め込み、その真実に触れようとはしないようだ。
 沖縄県を席巻する地元2紙のうちの「沖縄タイムス」は2日付社会面で、くだんの事故をこう伝えた。記事はベタ扱いである。
 《1日午前4時53分ごろ、沖縄市知花の沖縄自動車道北向け車線で、車両6台が絡む事故があった。県警によると在沖米海兵隊の男性曹長(44)が本島中部の病院に救急搬送されたが、意識不明の重体となっている。事故の影響で、沖縄南インターチェンジ(IC)から沖縄北ICまでの北向け車線が6時間以上通行止めになり、最大で12キロの渋滞が発生した。県警が詳しい事故原因を調べている。
 県警交通機動隊によると軽自動車と乗用車の追突事故が起き、軽自動車が横転。事故に気付いて停車した別の軽自動車に、曹長の車が接触した。曹長は路肩に車を止めて降り、道路上にいたところ、走行してきたキャンプ・ハンセン所属の男性二等軍曹(28)が運転する乗用車にはねられたという。横転車両の50代男性運転手は軽傷だった》
 重体となった「米海兵隊曹長」の氏名は記事には触れていないが、ヘクトル・トルヒーヨさんである。
 かたや「琉球新報」もこの事故を2日付社会面の準トップ扱いで報じた。内容はほとんど変わりない。
 しかしトルヒーヨさんはなぜ、路上で後続車にはねられるという二次事故に見舞われたのか。地元2紙の記事のどこにも書かれていない。
 実はトルヒーヨさんは、自身の車から飛び出し「横転車両の50代男性運転手」を車から脱出させた後、後方から走ってきた「米軍キャンプ・ハンセン所属の男性二等軍曹」の車にはねられたのだ。50代男性運転手は日本人である。
 沖縄自動車道といえば、時速100キロ前後の猛スピードで車が走る高速道路だ。路上に降り立つことが、どれだけ危険だったか。トルヒーヨさんは、自身を犠牲にしてまで日本人の命を救った。男性運転手が幸いにも軽傷で済んだのも、トルヒーヨさんの勇気ある行動があったからだ。
妻のマリアさんは3日、自身のフェイスブックにこう投稿した。
 「最愛の夫は28年間、私のヒーローです。夫は美しい心の持ち主で、常に助けを必要としている状況や人に直面したとき、率先して行動する人です。
 早朝、部下とともに訓練があるため、金曜日の午前5時高速道を走行中に事故を目撃した。関わりのない事故だと、見て見ぬ振りして職場への道を急ぐこともできました。
 でも主人は自分の信念を貫き、躊躇(ちゅうちょ)せず事故で横転した車内の日本人負傷者を車外に助け出し、路肩へと避難させました。そして私の夫は後ろから来た車にひかれてしまいました。
 彼のとった無我無欲で即応能力のある行動こそが真の勇敢さの表れです。私の心は今にも張り裂けそうです。主人はサンディエゴ州の海軍病院に搬送されました。みなさんにお願います。どうか私の主人のためにお祈り下さい」
 トルヒーヨさんは3人の子供の父である。マリアさんの夫への「思い」は世界中で反響を呼び、トルヒーヨさんの勇気ある行動を称えるとともに、回復を祈るメッセージが続々と寄せられている。日本国内でもネット上に沖縄県内外を問わず同様の声が巻き上がっている。
米第三海兵遠征軍の担当官は産経新聞の取材にこう答えた。
 「海兵隊はいかなる状況であろうとも、また任務中であろうと任務中でなかろうとも、体現される誠実や勇気、献身といった価値をすべての海兵隊員に教え込んでいる。別の運転手が助けを必要としているときに救ったトルヒーヨ曹長の行動はわれわれ海兵隊の価値を体現したものだ」
 トルヒーヨさんは事故直後、沖縄本島中部の病院に運び込まれたが、米国カリフォルニア州サンディエゴの海軍医療センターバルボアに移送され、集中治療を受けている。
 沖縄の米第三海兵遠征軍の担当官によれば「海兵隊は、状況に応じて必要な治療のすべてを兵士に提供できるよう努めている。今回のケースは医療専門家が、より高いレベルの治療が可能な病院に移すことが必要だと判断された」ということだ。
 むろん家族の滞在費もかさむ。米国内では有志たちがトルヒーヨさんと家族を金銭的に支援するためクラウドファンディングを立ち上げた。
 身を挺(てい)して日本人を救ったトルヒーヨさんの勇敢な行動については、米CBSテレビも報じた。
翻って沖縄県のメディアはなぜ、こうも薄情なのだろうか。それでも事故後、この「報道されない真実」がネット上でも日増しに拡散されている。「続報」として伝えることは十分可能だが、目をつぶり続けているのである。
 折しもトルヒーヨさんが事故に見舞われた12月1日には、沖縄県うるま市で昨年4月、女性会社員=当時(20)=を暴行、殺害したとして殺人罪などに問われた、元米海兵隊員で軍属だったケネス・シンザト被告(33)の裁判員裁判判決公判が那覇地裁であり、柴田寿宏裁判長は無期懲役の判決(求刑無期懲役)を言い渡した。
 琉球新報、沖縄タイムスともにこれを1面トップで報じ、社会面でも見開きで大きく展開した。天皇陛下が平成31年4月30日に譲位されることが決まった歴史的ニュースも1面の準トップに追いやったほどだ。
 むろん極悪非道な犯罪を犯したシンザト被告は許されるべきではない。悲嘆にくれる被害者の遺族の心中を察するに余りある。しかし被告が「元米軍属」「元海兵隊員」ではなく「日本人」だったら、どうだったろう。
 常日頃から米軍がらみの事件・事故が発生すると、「けしからん!」「米軍は出て行け!」と言わんばかりにことさら騒ぎ立て、米軍の善行には知らぬ存ぜぬを決め込むのが、琉球新報、沖縄タイムスの2紙を筆頭とする沖縄メディアの習性である。
かくして今回のトルヒーヨさんの美談も、シンザト被告の無期懲役判決報道にかき消され、完全に素通りされてしまった。わけても「差別」に敏感な2紙は昨今、「沖縄差別」なる造語を多用しているが、それこそ「米軍差別」ではないか。
 ちなみに今年8月5日には米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市所属の輸送機オスプレイがオーストラリア沖で墜落した際、翁長雄志(おながたけし)知事はじめ沖縄県は多分にもれず米軍を激しく非難、抗議するだけで、死亡した海兵隊員3人に対して哀悼(あいとう)の意向を示すことは一切なかった。
 「反米軍」一色に染まる沖縄メディアも右にならえだ。翁長県政ともども、日本とその周辺地域の安全と安定のために日夜命がけで任務にあたる米軍への「敬意」を持ち得ないスタンスは、トルヒーヨさんへの無慈悲な対応でも浮かび上がる。
 遅ればせながらここで初めて伝えている記者自身も決して大きなことは言えないが、トルヒーヨさんの勇気ある行動は沖縄で報道に携わる人間なら決して看過できない事実である。
 「報道しない自由」を盾にこれからも無視を続けるようなら、メディア、報道機関を名乗る資格はない。日本人として恥だ。とまれ、トルヒーヨさんの一日も早い生還を祈りたい。(産経新聞那覇支局長 高木桂一)(H29・12・11記)



・・・後日記1・・・

画像の説明

 今回の米兵の勇気ある行動に関し、沖縄の人達がどのように感じているのか、気になっていました。その後の情報が全くと言ってよいほどに伝わってこなかったからです。
 ところが、八重山日報を読んでいたら、浦添市の佐喜真市長が米兵に宛てた「ネバーギブアップ」の写真が掲載されていました。在沖米海兵隊曹長、ヘクトル・トルヒーヨさんを見舞う県民のイベントが開かれ、参加者たちが書いた寄せ書きだというんです。
 沖縄の人達は米兵の行為だと、どうしてこんなに冷たいのかと思っていたんですが、違いました。沖縄にも心ある人たちが、まだまだ沢山いたんですね。「沖縄タイムス」や「琉球新報」がいくら虚偽・捏造報道を量産しようと、沖縄米軍に対し、シンパシーを感じる人たちは、まだまだたくさんいるということです。少し救われた気がしました。
 トルヒーヨさんのその後の経過について、情報がありましたら、お寄せいただければ幸いです。(H29・12・23記)



<後日記2(お詫びと訂正)>

産経新聞が誤報を認め謝罪

 上記の記事については、産経新聞の記事を元ネタとして掲載致しましたが、2月8日、同記事が誤りであったことを認め、謝罪しました。よって、産経新聞を元ネタとした私の記事も誤りだったことになります。ここにお詫びして、訂正いたします。
 意識を取り戻した米兵が、「自分は日本人を救助しようとしてはねられたのではない」と明確に証言したというのです。論語に曰く、「過ちては則ち改むるに憚るなかれ」。誤りであったのであれば、すぐに改めて謝る。言論人として当然の所作であり間違っていません。
 それにしても産経さん、何事もきちんと裏付け、事実関係を調査してから報道してくださいね。調査費も旅費も出るんでしょう?朝日新聞のように、国をも誤らしめるような行為でも、あれこれ言い訳をして決して謝らないよりはマシですが、報道機関の存在意義は、何よりも「事実に基づく!!」ということです。
 「安倍晋三記念小学校」でなく、「開成小学校」だっことは、既にバレています。朝日新聞は、自らその火をつけておきながら、その誤りを認めようとせず、ホッカムリしたまま森友学園問題を報じ続けています。このような朝日新聞よりは、潔いと思います。
 なお、私の場合、一個人として、ネットから「真実は何か」を探り、こうして雑文を認めています。それでも、事実に反した以上、今回の記事については、大変申し訳なく思っています。(H30・2・10記)

a:252 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional