時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

日本は韓国との国交断絶を真剣に検討すべきです

日本は韓国との国交断絶を真剣に検討すべきです

レーダー照射の理不尽

画像の説明

 私は、韓国に関するニュースとはなるべく距離を置くようにしてきました。なぜなら、韓国に関するニュースで楽しいニュースなどお目にかかったことがない、というほどに不愉快か腹立たしいニュースのオンパレードだったからです。慰安婦問題然り、竹島問題然り、徴用工問題然り、日本の海軍旗問題然り、軍艦島問題然り、平昌オリンピックにおける日本戦を前にしての突然の南北統一チームの結成等々、数えあげればきりがないほどに、不愉快な問題のオンパレードでした。しかもそれらの問題のすべては、日本側が仕掛けたのではなく、すべて韓国側からの一方的な虚偽・捏造・言いがかり・手前勝手の類いの問題ばかりなのです。相互に敬意を表すべき大使館の面前に、その国を誹謗中傷する銅像を設置して恥じず、それどころか国の元首が外国に行ってまで、隣国の告げ口をして回るほどに品位のない国家なのです。
 今回の海上自衛隊のP1哨戒機に対する韓国海軍の駆逐艦からの火器管制レーダーの照射(ロックオン)問題も全く同じです。このレーダー照射は、ミサイルなどを命中させるために、目標を自動で追尾するもので、正に一触即発の極めて危険な軍事行為です。
 危険な行為だからこそ、哨戒機は、緊急回避行動をとり、無線により3つの周波数で、英語で艦番号を呼びかけ、照射の意図を問い合わせたというのです。
 自衛隊員として永年現場で過ごし、軍事情報に詳しい元自衛隊海将・伊藤俊幸氏などによれば、駆逐艦の火器管制レーダーは2基あり、常時は、船の進行方向に前方と後方に向けるきまりになっており、攻撃を意図する時以外、直接相手に向けることはないとのこと。人間で言えば、直接、相手の胸元にピストルの銃口を向け、引き金に手をかけ安全装置レバーをはずした状態と同じです。それほど危険な行為だというのです。

画像の説明

 韓国側は、お決まりのように、あれこれと言い訳をし、決して謝る気配を見せません。海上自衛隊に向けては使用していない。遭難船の捜索にレーダーを使用したが、それには別のレーダーを使用した。哨戒機が駆逐艦の真上を異例の低空で飛行したので監視した、通信は微弱で雑音があり「コリアコースト」という単語だけを認知した、だのと、まるで子供だましの言い訳に終始しています。しかも、その言い訳も、最初は捜索用のレーダーを360度回転させている中で自衛隊機にも当たったかもしれない、と言っていたのに、その後は一切照射していない、だのと言い訳の内容が、くるくると変わっているのです。
 韓国が認めないのであれば、日本政府は、すべて記録に基づき事実関係を公開すべきです。当日の航跡図やロックオン時のレーダーの記録など、どの艦船又は戦闘機から照射されたものかなど、すべて分かるとのことです。韓国側が認めないのであれば、それらの記録をすべて公にすべきです。韓国は、いつものように、日本が相手であれば、憲法の制約から、絶対に反撃してこないと分かっているからこそ、このような照射をしているのです。そして、日本が相手ならば言い逃れができるし、誤魔化しができると踏んでいるのです。中国軍やアメリカ軍に対しては、絶対にとらない行動です。そのような行動をとれば、即座に反撃されることを分かっているからです。要するに、日本は完全に舐められているのです。

国交断絶を真剣に検討すべき

 そもそも日本にとって、歴史上、なにかしら韓国と付き合って利益になることはあったのでしょうか。少なくとも、私の頭の中には何一つ浮かんできません。前述したように、常に、誹謗・抽象・言いがかり、それに加えて「金よこせ」「もっと出せ」といった国レベルの出来の悪い「せびり国家」「無心国家」の印象しかないのです。しかも、常に「これが最後だ」「今度謝ってくれれば二度と要求しない」などと、最後節を言うが、その舌の根も乾かないうちに、前言を翻しすぐにせびりに来る。
 そのうえ、事実に関することでも、すべて「国民感情」が許さないから、という訳の分からない理由で歪曲する。対馬のお寺から盗んだ仏像ですら、裁判所が、盗んだ事実を認定しておきながら、「元々は韓国にあったものだから返還に及ばない」、との判決を下す国柄です。そんな理屈が通るなら、日本の浮世絵も世界中から取り戻せるということになります。
 大統領からして、自分の「左翼思想」に合う裁判官を地方の小さな裁判所長から、いきなり最高裁判所長官に任命し、いわゆる徴用工(実際は、「単なる募集工!」に過ぎません)裁判で、国同士で既に完全に解決済みの問題を蒸し返し、補償金を請求させる国です。法意識の全く欠如した、「狂気の感情国家」としか言いようがありません。

画像の説明

 このような国と交流するメリットは何なのか。最低限のメリットは、北の共産主義国家と対峙する38度線の防衛として必要、ということです。
 しかし、文在寅政権は、すでに北にぞっこん入れ込んで、自らの立ち位置さえ忘れているかのようです。正に惚れた女しか目に入っていない盲目の恋状態です。当然、友好国であるはずの日本の存在など眼中にありません。もっとも、韓国国民は日本を友好国と考えているわけはありませんし、日本国民も同様です。
 私は、一時期、韓国は隣国だから、老後には一度は行ってみたいと思った時期もありました。そのため、韓国語を習い始めたこともありました。でも、韓国からのしつこい嫌がらせや虚偽・捏造に伴う誹謗・中傷に嫌気がさし、もう二度と韓国には行くまいと決心し、韓国語の勉強もやめました。心情的にそう感じている日本国民は多いのではないでしょうか。
 

かねてより韓国は適性国家

画像の説明

 そもそも日本にとって、韓国は戦後、いや明治期以降、一貫して敵性国家でした。古くは幕末から明治にかけての知識人、福沢諭吉も次のように述べています。
「左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ」
 正しく、今回の募集工(徴用工)裁判判決に見るとおり、「背信違約」行為は、韓国人が生来持っている気質だというわけです。「朝鮮人との約束は、最初から無効のものと覚悟せよ」というんですから、韓国人の気質は、江戸・明治の御代から全く変わっていないのです。
 韓国統監に任命された伊藤博文も、全く同様の認識を述べています。そもそも彼は、韓国併合には反対していました。うまくいかないことを肌感覚で分かっていたのです。彼は意に反して、韓国統監に任命されたのです。統監として赴任した折、「自分ノ此ノ地ニ来任セルハ韓国ヲ世界ノ文明国タラシメント欲スルカ故ナリ」と述べ、韓国を文明国にすべく努力しました。しかし、その目的も達成できぬ間の明治42年10月26日、中国満州の中心地ハルビン駅頭で、朝鮮人民族運動家、安重根によって暗殺されました。犯人の安重根は韓国では英雄扱いされ、記念碑はもちろん、切手にもなり、現在は韓国の潜水艦の名前にもなっているというのです。暗殺者、隣国の首相経験者を暗殺したテロリストを英雄にし、反日教育に邁進する国。それが韓国という国です。

画像の説明

 あなたはそういう国と今後も付き合いたいと思いますか。私は絶対に御免被りたいと思います。「敬して遠ざける」という言葉があります。うやまって近寄らないふりをして、実は嫌い避ける、敬遠する、という意味です。私の実感は「君子危うきに近寄らず、唾棄すべき存在は避け、二度と近づかない」ということかと思います。
 そう、韓国という国は、決して友好国などではありません。付き合って一切益なく、害悪・害毒のみをもたらす国。よって、国交を閉ざし、お互いそれぞれの道を歩んでいこうではありませんか。お互いの幸せのために。
 国交を断絶する場合には、これまでの微笑外交、こびへつらい外交の総決算として、村山談話、河野談話、慰安婦に関する日韓合意をきちんと破棄しましょう。そして、安倍総理は中国、韓国に遠慮することなく、毅然として靖国神社に参拝をしていただきたい。できれば、仲良しのトランプ大統領が来年来日した時に、二人そろって靖国神社に参拝して頂きたい。そのとき中韓がどのような顔をするのか、是非とも見てみたいものです。

▶▶▶防衛省が公開した映像
▶▶虎の門ニュース(有本香・竹田恒泰)
▶▶公開された映像を解説、韓国の見苦しい言い訳を軽く一蹴

国交断絶の前に行なうべきこと

 国交断絶をする場合には、その前兆行動として、先ず、大使召還が必要でしょう。そして韓国に進出している日本企業の関係者を、引き揚げさせる必要があります。これが一番難しいかもしれません。悟られると、あれこれ理由をつけて拘束される可能性があるからです。
 ですから、ある程度の時間的猶予が必要となるでしょう。ただ、共産主義国家とは異なり、形ばかりの審理で即死刑ということにはならないでしょう。戦争をするわけではありませんから、双方の国民の命を直接奪うことはしないでしょう。人質の命を奪うということになれば、本当の戦争になります。いずれにしろ、日本企業には、新たな投資を禁止するとともに、進出企業にも早期に国外に出るように誘導しなければなりません。

画像の説明

 国交断絶の前に、日本政府としてとりうる手段としては、①大使召還、②韓国人のビザなし渡航の廃止、そして、③フッ化水素の輸出を止めるなどの手段も有効です。フッ化水素は、サムスン電子やSKハイニックスなど、韓国の半導体製造企業に供給されるもので、戦略物質に分類されるものです。これは韓国でも製造できますが、高純度60%、最高品質半導体向けの物は作れないとされています。超精密フィルターを何重にも通し、ろ過しないと超純水は作れませんし、少しでも不純物や成分を含んでいる水では、到底無理とされています。高品質な沸酸を作ろうとすると、超純水(不純物を全く含んでない水)が必要で韓国程度の技術レベルの国には作れないのです。
 韓国が今回のレーダー照射を認めないというのであれば、先ずは、この戦略物質を全面禁輸とすべきです。WTO違反という話もありますが、WTO規約も、国の安全保障にかかわる問題が生じた場合には、例外とされているので問題はありません。

南北統一の可能性

 蛇足ですが、南北朝鮮の統一について私見を述べたいと思います。私は、南北朝鮮の統一はうまきいかない、と睨んでいます。なぜなら、経済問題や軍事問題など、余りにも多くの問題を抱えているからです。
 文在寅大統領は、「最初は一国二制度、統合政府でよい」、などと述べていますが、香港の実例でも分かるように、実現不可能です。共産主義体制にとって、自由と民主主義を信奉する国民を包摂することなどありえないのです。完全に水と油です。
 文在寅は、両国民の交流のために南北鉄道を開通させる、なんて言っていますが、現実認識が余りにも甘い。自由に往来ができるならば、北側の飢えた人民が雪崩を打って南に移ることになります。そんなことを北の将軍様が許すはずがありません。また、民衆レベルの本格的交流により、北の飢えた人民が自由と民主主義の香りを嗅いでしまった時、北の将軍様の存在を許すでしょうか。絶対に許しません。文字通り、人民裁判で、公開処刑の運命をたどることになるでしょう。なにせ北の将軍様の出自は、元々、旧ソ連の戦略により、一軍人に過ぎなかった人物を、「金日成」という既存の高名な将軍の名を語らせたところから発している発しているのです。

画像の説明

 金正恩は、その偽名の傀儡将軍の後継者に過ぎないのです。母親の高 英姫(コ・ヨンヒ、2004年8月13日、満52歳没)も、大阪生まれの在日朝鮮人二世。蛇蝎の如く忌み嫌っていた日本、その日本の出身なのです。彼女は、金正日からは日本風に「あゆみ(아유미)」と呼ばれ、最も寵愛を受けていたとされます。金正哲・金正恩・金与正の実母でもあります。これらの出自がバレた時、北の人民は彼を許すのでしょうか。
 その偽将軍が、叔父を処刑し、外国にいる異母兄(金正男)まで暗殺し、国民を貧困と塗炭の苦しみ、そして恐怖政治体制で人民を抑圧してきたのです。その正体、事実関係が露呈すれば、公開処刑以外の選択肢などあるはずがないではありませんか。
 南の軍人とて、南北統一となれば、現在の体制のままで身分が保証されることはあり得ません。共産党独裁の下で生活するなどということは想像だに出来ない筈です。軍の蜂起も間違いなく起こるでしょう。
 また、米軍を駐留させているアメリカがどう出るのか微妙です。トランプ大統領は、もはや韓国を見放していますから、南北朝鮮がいかに混乱しようと、われ関せずで早々に引き上げる可能性大でしょう。
 最大の問題は、ロシアや中国がどう出るかです。両大国にとって、朝鮮半島が現在のままが良いのか、それとも統一した方が良いのか。言うまでもありません。統一により国内が大混乱し、多くの難民が周辺国に流出することを考えれば、混乱を避けるのが上策です。
 また、混乱に乗じた核の行方も気になります。南北が統一し、核の保有国になれば、共産主義体制になろうと、民主主義体制になろうと、日本は本気で核武装に取り組まなければなりません。技術力の高い日本が本格的に核武装することは、中国の悪夢ともなります。よって、国内が混乱すれば、中国は、即刻、北に侵攻し、核を抑えることになるでしょう。ロシアとて、北方領土問題を抱える日本の核武装は許したくない筈です。つまり、両大国は、基本的に、現在の枠組みを変えたくはないと見るべきです。(H30・12・27記)

 
▶▶▶韓国ソウル大名誉教授が語る「反日韓国を徹底批判」
▶▶▶嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判(反日韓国批判2)

▶▶海上自衛隊元海将がレーダー照射の真実を語る
▶▶レーダー照射、問い詰めたら逆ギレ...なんなの韓国|竹田恒泰
▶▶レーダー照射に関する日本と韓国の国民の意見


<後日記>

反論に具体的証拠なし(捏造写真付き)

 予想通り、韓国は、レーダー照射問題について、反論してきました。反論どころか、自衛隊機が駆逐艦に異常接近したとして、謝罪まで求めてきたのです。「盗人猛々しい」とは、こういうことを言うのでしょう。
 韓国側が公開した動画は4分26秒の長さで、その大部分は、日本の防衛省がレーダー照射の証拠として、12月28日に公開した映像に反論の字幕をつけただけのものでした。全く反論になどなっていません。自衛隊機が高度150メートルの真上を飛んだ、距離500メートルまで異常接近してきた、というなら、その証拠こそ示さなければなりません。そして、その時現場において、真上を飛ぶ異常接近行為として、抗議したような無線の発信情報などの証拠も示さなければなりません。

画像の説明

 これらの証拠が一切なく、海上自衛隊がホームページ上で公開している哨戒機の映像から機体番号をカットし、貼り付けただけの粗悪な映像です。この程度の子供だましの映像で騙し通せると思っているのでしょうか。反日に燃えた盲目の韓国民なら騙せるかもしれませんが、日本人は騙せません。
 防衛省も、韓国側の動画について、「新たな事実は含まれておらず、反論になっていない。哨戒機が一定の距離を保っていたことは、韓国側の動画でも確認できる」と述べています。
 日本に対しては、「謝罪せよ」「罪を認めろ」と、高圧的に要求する国が、これほど明白な証拠に基づいて抗議をしているのに、一切の謝罪をしない。韓国という国が、友好国などでなく、一切付き合うに値しない国であることを明白に証明しています。一刻も早く、国交を絶ちましょう。(H31・1・6記)

▶▶▶【ヤフーニュース】韓国レーダー照射問題、反論動画サムネイルに「自衛隊機の低空飛行」見せかける加工
▶▶▶「日本に感謝しています」~韓国人大学教授が語る日本統治時代の真実

a:378 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional