時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

女性宮家創設は皇室解体への道

女性宮家創設は皇室解体への道

皇室が危ない

画像の説明

 新聞をはじめ、各種世論調査の結果によれば、「女系天皇」や「女性天皇」に賛成する人が多数を占めています。しかし、この調査に応じた多くの人が、女系天皇や女性天皇の意味を十分に理解していないのではないでしょうか。
 女系天皇を認めるということは、「現在、将来天皇となることが認められている悠仁様を廃嫡にし、愛子天皇を擁立する」ということです。もちろん、現在の皇室典範も改正しなければなりません。皇室典範第1条には、「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」と定められているからです。
 父方の先祖を辿っていけば、初代の神武天皇までさかのぼることができる日本の皇統を、令和の御代で完全に切断する。すなわち、王朝が変わるということを意味するのです。
このことをもっと分かりやすく説明しましょう。仮に悠仁様を廃嫡にし、愛子天皇が誕生したとすれば、その夫は誰になるのか。市井の鈴木氏か山田氏か、はたまた渡辺氏かということになります。
 これらの一般男性は,結婚すれば、当然皇族になります。これまでは一般女性のみが皇族になることが可能でしたが、「歴史上初めて、一般男性が皇族になることが可能になる」、ということを意味しているのです。つまり、女性宮家の皇女と結婚した男子も皇族になりますから、新年祝賀の儀にはこの男子たる鈴木氏が愛子天皇と並んで「お手振り」をすることになります。
 更に言えば、今、時の人になっている小室圭氏も、皇族になる可能性があるということです。眞子様が女性宮家として皇族に留まるわけですから当然です。その結果どうなるか。眞子様は秋篠宮家の長女ですから、愛子様に子がいないまま亡くなれば、眞子様が天皇になり、小室圭氏が天皇陛下の夫になる可能性も出てくる、ということです。完全に皇統が途絶え、以後、天皇家は「小室家の家系になる」ということです。
 そして、この小室家の二人に子供が誕生すれば、男であれ女であれ、長子が天皇になります。女系天皇ですから当然です。仮に、小室夫妻に女の子が誕生したとします。その女の子は、自動的に天皇になりますから、今度は市井の渡辺氏と結婚することになるかもしれません。今度は、渡辺氏が新年祝賀の儀でお手振りをするということになります。「男女平等」という錦の御旗の下、天皇は、鈴木家になり、その次は渡辺家になっていくということになります。
 私たち国民は、このような鈴木さんや渡辺さんの子供を、これまで通り、尊崇の念をもって迎えることができるのでしょうか。言葉は悪いですが、「どこの馬の骨かわからないような人物」の子供を天皇陛下と呼ぶことはできないと思います。私は、高齢ですから長く生きていませんが、将来の日本人たちは、その際はもはや天皇としての敬意は持たなくなるでしょう。つまり女性宮家、女系天皇の行く着く先は、天皇制の崩壊を意味しているのです。
 なお、皇室の歴史に女性天皇は8人いました。が、彼女たちは、すべて男系の女性天皇でした。また、これまで一般の女性が皇室に入ることはできましたが、一人の例外もなく、男が皇室に入ることはできませんでした。女性宮家、女系天皇を認めるということは、これまで一度も認められてこなかったことを、できるようにするということです。皇室制度の大転換、大々転換を認めるということです。先ず、このことをきちんと押さえておく必要があります。

GHQが仕組んだ天皇制崩壊のシステム

 このように、天皇制が揺らぐようなシステムを作ったのは誰か。それは日本の敗戦後、日本に乗り込んできた占領軍、すなわちGHQです。彼ら戦勝国は、当初、日本の天皇制を廃止しようとしました。昭和天皇を死刑にしようとさえ画策したのです。しかし、占領軍総司令官マッカーサーは、日本人の天皇陛下に対する敬愛の念が強く、これを殺めることは日本人の大きな怒り・反発を招くことになる。それでは日本統治がうまくいかない。それよりは、この日本国民の天皇に対する敬愛の念を利用し、日本復興のために活かす方が、より有効であると考えるようになったのです。
 後年、マッカーサーの孫で駐日米国大使となったダグラス・マッカーサー2世は、アメリカの占領政策の失敗として、次の3つを挙げています。
①日本に「アメリカ流民主主義」を採用したこと
②歴史と伝統を無視した「人間天皇宣言」を行わしめたこと
③主権在民の「占領憲法」を強制したこと
と述べています。
 そして彼は次のようにも述べています。

画像の説明

ダグラス・マッカーサー2世の発言

 主権在民が根本原理となったため、今まで「すめらみこと」「現人神」として天皇に帰一してきた国民の心が動揺して、国民統合の中心がなくなって、国民は個々に頼るより仕方がなくなってしまった。
たとえば、全学連などの学生運動の思想の中に、共産主義思想が入り込む間隙を与えてしまったのでありまして、かえすがえすも残念なことであり、まことに申し訳ないことであります。
 帰一すべきよりどころを失った日本国民は、困惑の果てに猜疑心に駆られ、自分の信念をも疑うようになり、ついには自分一人のことしか考えない利己主義に走り、自分だけの偏狭な考えを正しいものと信じて押し通して行かなければ、生きていかれないことになり、国家もなければ、天皇もない、そして他人も信じることのできぬという不安定な状態に陥ってしまったのです。(月刊WILL2016年11月号280ページより)

 このマッカーサー駐日大使の見解には、少し違和感もあります。日本人は、敗戦後、昭和天皇の下、心を合わせて戦後復興に取り組んできたのであり、「天皇もない」という状態ではありませんでした。むしろ「国民のために祈る天皇」を中心として、戦後復興に励んできたのです。マ大使は、「一日も早くGHQの押し付け憲法を捨てて、日本の歴史と伝統に合った憲法を制定してほしい」と願っていたのです。

旧宮家の復帰こそ最良の選択

 戦後、GHQによって、それまで皇族であった人たちが、事実上追放されました。事実上、と言うのは、経済的支援を打ち切られたからです。GHQ指令に「天皇は皇族に対して一切の金銭・財物の賜与・貸付をしてはならない」ことなど、さまざまな厳しい条件をつけたのです。
 皇族といえども、生活費がなければ、生きていけません。やむなく旧皇族の方々は、その地位を捨て、市井に溶け込んでいったのです。
 その中には東久邇信彦氏などもおられました。彼は、既に故人ですが、彼の母は昭和天皇の長女、成子様で、祖母は明治天皇の9女の聡子(としこ)様で、信彦氏自身、2歳まで皇族だった方です。こういった皇統の歴史を持った方々が、GHQの差配により皇籍を離脱せざるを得なかったのです。ですから、日本の歴史と伝統を守るなら、存命中の旧皇族の方々に皇籍復帰していただき、その中から後継となるべき人物を探索するというのが本筋と言うべきです。
 歴史や伝統というのは、一朝一夕になるものではありません。ましてや日本人の「精神的支柱」たる天皇制を廃止するなどもってのほかと言うべきです。
 たとえば、君主の肩書の呼び名ですが、ヨーロッパの国王はキング、女王はクイーンですが、日本の天皇陛下はエンペラーです。今でもエンペラーと呼ばれるのは、126代続く日本の天皇陛下以外にいないのです。それだけでも日本人にとっての誇りではないでしょうか。正に日本人にとっての天皇の存在は、日本国民全体の「精神的支柱」なのです。

天皇の位は不可侵だった

 歴史上、藤原氏や北条氏、豊臣秀吉、徳川家康など多くの権力者がいました。彼らがその気になれば、天皇家を武力で制圧することなど、容易にできることでした。
 しかし、どれほどの権力者でも、決して天皇の位を奪おうとはしませんでした。せいぜい天皇の外戚となり、陰からその権威に近づこうとした者はいましたが、直接、皇位を継承しようとした人物は、金閣寺を創建した足利義満を除き、いませんでした。義満は、後小松天皇の時に、15歳の息子の義嗣に対し、宮中で「立太子」の礼を行わせ元服させます。これで義嗣は義嗣親王となり、皇位が継承出来るようになります。皇位乗っ取りの準備が整ったのです。しかし、義満は義嗣の立太子から10日後、発病し突然死しています。
 このように、危うく皇位が乗っ取られようとした一例はありますが、それ以外には、いかなる権力者も権威の象徴たる天皇家を乗っ取ろうとしたものはいないのです。
 それは、天皇という存在が、その当時からも、日本人の精神的支柱として、敬愛の対象になっていたからであり、いかなる権力者と言えども、「権威」と「権力」の違いを十分に理解していたからです。

日本共産党が皇室の崩壊を画策している

画像の説明

 日本共産党は、その創設時から天皇制打破をテーゼとしてきました。例えば、32年の共産党テーゼでは次のように定めています。「天皇制は国内の政治的反動と封建制の残滓の主要支柱である。その粉砕は日本における主要なる革命的任務中の第一のものとみなされる。」。
 更に、61年テーゼでは、「天皇はアメリカ帝国主義と日本独占資本主義の政治的思想的支配と軍国主義復活の道具となっている。」と明記し、天皇制を批判しています。
 共産党は、日本人が精神的支柱とし、敬愛する天皇をこのようにあからさまに批判するのは、さすがにまずいと思ったのか、全く別の視点から攻撃を始めました。
 2019年6月、志位委員長は「しんぶん赤旗」で、次のように述べました。「私たちは憲法にてらして女性・女系天皇を認めることに賛成です。」
 つまり、日本共産党は、「女性天皇」でも「女系天皇」でも、天皇制を廃止することができる、と考えたのです。その理由は、上に述べたとおり、男が皇室に入り込むことによって、伝統的な皇室に対する敬愛の念が薄れ、その結果、精神的支柱も揺らぎ、内部から崩壊させることができる、と考えたからです。
 日本共産党は、「日本を日本でなくしたい勢力」、「日本の伝統をことごとく破壊したい勢力」と断定してよいでしょう。党員32万人、支持率僅か2%の政党が、今まさに朝日、毎日などの左派勢力とタッグを組み、2600年続いてきた歴史と伝統ある天皇制、世界に誇れる天皇制、日本人の精神的支柱たる天皇制を、「女性宮家創設」あるいは「女系天皇」によって崩壊させようとしているのです。
 私たち心ある日本人は、これら左派勢力の悪意ある企みから、歴史と伝統のある皇室を断固として守り抜かなければなりません。(R3・6・24記)

a:321 t:1 y:0

    powered by Quick Homepage Maker 5.1
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional