時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2016-06-24

Top / ブログ / 2016-06-24

孫の誕生祝いに行ってきました

10歳の孫の誕生祝いです

 昨日、孫の誕生祝に行ってきました。10歳です。孫が10歳か~。思わず自分も歳をとるはずだと、嘆息したものです。遥か長い道のりを歩いてきたものです。

画像の説明

 でも、大泉逸郎氏の「孫」という歌もあるように、孫というものは「なんでこんなに可愛いのかよ 孫という名の宝物」です。いや、正直に言えば、可愛い嬉しいという気持ちと、寂しいという気持ちが半々くらいでしょうか。孫が成長するということは、自分の老い先がそれだけ短くなりつつある、ということと同義だからです。孫が大きくなる分だけ、自分の寿命も縮む。厳然とした反比例の関係が成立しているんですね。
 まあ、それはともかくとして、この夜は家内と2人、「お泊り」の用意をして出かけました。夜が更けるまで飲んで、酔っぱらったらそのまま寝ていい、というんですから有り難いではありませんか。
 食事前、4歳の孫娘と2人でお風呂に入りました。風呂に入りながら、この子はどんな娘になるのかな~、なんてしおらしいことを考えてしまいました。
 上の写真は、バースデイケーキを出す前の食事時に、記念にと撮った1枚です。

父の日のプレゼントも

 私は、孫の誕生祝と思って出かけて行ったんですが、娘たちが私の父の日のプレゼントも用意してくれていました。プレゼントは、シャツです。襟首のところが二重になったもので、ちょっと見にはシャツを二枚重ねて着たように見えるものです。

画像の説明

 しかも、このシャツ、色がピンクなんです。私の生涯でピンクのシャツなんて初めてです。二重襟でピンクのシャツを着て外出したら、「とうとうシマダさんちのお父さん、頭の方にきたみたいね。そういえばあのひともう70過ぎてるもんね~。イロボケが始まっても仕方がないよね。若いころは女日照りだったらしいからね~。しかも、シャツを2枚も重ねてきてるよ。イロボケ、欲ボケの末にアルツハイマーだなんていや~ね~」なんて、ヒソヒソ話が聞こえてきそうです。
 でも、お祝いにもらったからには、誰が何と言おうと着なければなりません。いつか、人の出歩いていない夕暮れ時に、そっと着込んで歩いてみようと思っています。

a:249 t:1 y:1



コメント


認証コード(7559)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional