遺言、相続、家系図作成、会社設立 内容証明、ブログ 時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

FrontPage

相続法務指導員

遺言・相続に関する情報をお伝えします。

画像の説明

 遺言や相続に関することはなかなか人には相談しにくいものです。このページでは、お客様の力になれる遺言と相続に関する情報や事例について紹介します。

画像の説明

遺言書は遺族への人生最後のプレゼント

画像の説明

 遺言書は、被相続人が自分が死んだ後、自分の財産をどのように処分するかということを書き遺す書面です。人生最後の大仕事です。この仕事をきちんと済ませておくかどうかは、残された遺族が平穏に暮らせるかどうかの分岐点になるといっても過言ではありません。
 今は、昔と違って長子単独相続の制度はありません。兄弟姉妹は、相続人という立場ではみんな平等です。平等だからこそ、トラブルが多発しやすいということにもなります。なぜなら平等ですから、当然、自分の権利を主張します。「自分の子供は絶対に争いなどしない」という言葉ほど、当てにならないものはありません。
 
 サラリーマン家庭の場合なら、財産は一軒の家と、せいぜい1~3千万円の預貯金といったところでしょう。これを残された配偶者と子供2人で分けると考えただけでも、どう分ければよいのか、かなり困ってしまうはずです。ましてや親子間、兄弟姉妹間がうまくいっていないとなれば、なおさら、その配分は難しい作業になります。全員が満足するということは難しいですから、益々仲違いを深めるということになりかねません。
 こういう場合に、きちんと作成された遺言書があれば、トラブルになりようがない、ということになります。法律に定められた形式に従って作成された遺言書に書かれた内容は、いくら不満があっても従わざるを得ないからです。
 このように、後々遺族の間にトラブルを発生させないようにするのが、遺言書の一番重要な役割です。自分の身内の例で考えてみてください。祖父が遺言書を作らずに亡くなってしまい、残された父又は母が遺産分割協議書を作成するために、どれほどの苦悩と時間を費やしたことか。遺言書があるかないかの違いは、天と地ほどの差があるのです。ですからきちんとした遺言書を作成しておくことは、遺族に対する人生最後のビッグプレゼントだといっても過言ではないのです。
【ここで一言ご注意】遺言書を書いたからと言って、その財産が使えなくなくわけではありません。自由に使えます。むしろ、自分の財産はすべて自分で使い切って、楽しい人生を全うすることこそ大切だと私は信じています。「実社会に送り出すまで」が親の責任なのです。本当は、葬儀費用以外は、使い切って死にましょう、というのが私の確信です。

■遺言書を作成するためには、法律で定められたさまざまな要件がありますので、誤りのない遺言書を作成する必要があります。当事務所では、遺族が困らないための遺言書の作成をお手伝いさせていただきます。

画像の説明

画像の説明

 遺言書がなく、相続が発生してしまったら・・・もう覚悟するしかありません。そう、大変な時間ロスと心労の覚悟をです。
 遺言書がないんですから、先ず、誰と誰が相続人になるのか(推定相続人の範囲の確定)、遺産は不動産や預金、株式など一体全部でいくらになるのか(相続財産の確定)、それをどのように分ければいいのか(遺産の分配)、不動産の登記はどうすればいいのか、登記をするには遺産分割協議書が必要ですが、それはどのように作ればいいのか、戸籍謄本や登記簿謄本など必要な書類は何と何なのか、税金はどうなるのか等々、解決しなければいけない問題が次から次へと持ち上がってきます。その都度、法律などを調べていたのでは、いくら時間があっても足りないはずです。人間、つけ刃で勉強しても必ず落ちがあるものです。
 
 このように、遺産分割協議書を作成し、首尾よく相続登記を完了するまでには、行政書士などの専門家が担当しても「平均1年!」、あるいはそれ以上かかると言われています。
 まして専門家でない遺族の皆さんがいくら走りまわったとて、数年単位の時間ロスと心労が伴うことになるでしょう。そうして走りまわったところで、みんなに喜んでもらえるとは限りません。それどころか場合によっては、逆恨みを買うことも覚悟しなければなりません。
 このように、遺産の分割をするということは大変な仕事なのだということを、先ず認識して頂きたいのです。
 
 そうだとすれば、こういう面倒なことはすべて専門家に任せる、これが賢い選択というものです。人生は一度限りです。お金は必要な時にこそ有効に使うべきものです。そして、時間は自分の好きなことに振り向け、大いに人生をエンジョイしようではありませんか。

相続法務指導員」島田正己の紹介ページはこちらです→相続法務指導員

画像の説明

あなたもQHMでホームページを作ってみませんか

画像の説明

 今ご覧頂いている私のホームページは、QHMというソフトを使って作成したものです。私は現在71歳ですが、その私でもこのようなHPを立ち上げて使うことができるこのソフトは素晴らしいと思います。使い方は、「書く」「飾る」「使う」「ビジネス」「こだわる」といったテーマ別に、その都度、動画によって具体的に説明してくれますので、自分で理解できるまで何度でも繰り返し見ることによって、習得することができます。
 細かな修正も簡単にできるので、毎日のように部分修正をしています。画像の取り込みなども、慣れてしまえば簡単にできます。自分が許可した広告以外は一切入りませんし、極めて快適です。HPを作成したことのない方も、是非一度試してみることをお薦めします。
 更に素晴らしいのは、バージョンアップの費用が一切からないことです。これは意外に大きなメリットになります。
興味のある方はこちらから

a:35529 t:30 y:34

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional