時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2017-12-31

Top / ブログ / 2017-12-31

今日は大晦日です

二人だけの大晦日

 泣いても笑っても、今日は大晦日です。今は、大晦日の9時48分です。たった今までNHKの紅白歌合戦を観ていました。観戦者は二人。つまり、私と妻だけです。そう、今日は、2人だけの大晦日なのです。
 二人だけだから、たまには、紅白でも観ようかということになったんです。というのは、毎年、子供たち、と言っても娘と息子の両家族ですが、彼らと一緒に観ていたので、紅白は観ていると言っても、テレビが映っているだけで中身は何も見ていなかったんです。
 それで、今年は二人だけだけだから、たまには年越しの酒を飲みながらじっくり観るのもいいんじゃないか、ということになったんです。

若者ばかり

 というわけで、一応見始めたんです。内村なんとかという司会者が出てきて、一組ごとに「赤組がいいと思ったら赤のボタンを押せ、白組がいいと思ったら青のボタンを押せというので、真面目にリモコンのボタンの操作を始めました。
 いいとか悪いとか言ったって、これまで一度も聞いたことのない歌ばかりです。若いピチピチギャルなんかが登場して、元気溌剌。さあ、どちらがいいと言われても、さっぱり評価のしようもありません。2組目もそんな感じでした。
 なんだ、こんな若者の歌で、しかも、初めて聞く歌ばかりじゃ、評価のしようもないじゃないか、と思っていたら、何組目かにやっと、私でも知っている歌手が登場しました。市川由紀乃と福田こうへいです。
 おう、やっと演歌が聞けるか、と思って見ていたら、2人とも自分の持ち歌ではなく、往年の大御所の歌です。市川由紀乃が歌ったのは美空ひばりの「・・・(忘れました)」。福田こうへいの歌ったのは村田英雄の「王将」です。可愛そうに、2人とも自分のもち歌を歌わせてもらえなかったんです。ヒット曲が出てやっと紅白に出られるようになったくらいだと、「持ち歌でなく、大御所の歌から歌え」、ということなんでしょうね。つまり、紅白の新人は雑巾がけからやれ、ということなんでしょうか。自分の持ち歌を歌ってこその紅白でしょうに、と思うのは私だけなのでしょうか。

睡魔との戦い

 次々に登場する歌手は若者ばかりで、動きも激しい。誰が誰やらさっぱり分からない。というわけで、次第に睡魔が襲ってきました。気がついたら、既に9時を回っていました。その間、眠ってしまったんですね。そりゃそうです。来年、といってもあと数時間で新年ですが、新年の9月で後期高齢者になる私にとって、聞いたことも見たこともない若者が次から次へと登場し、跳んだり跳ねたりしたって、楽しいはずはありません。眠くなるのは当然です。
 というわけで、とても紅白を見る気にもなれないので、今、こうしてパソコンに向かって、愚痴を書いている、というわけです。
 あ、言っておきますが、こうした2人だけの大晦日は今年が初めてなんですよ。
 なぜか?昨年までは、毎年、2人の子供が来てくれて、孫二人も含め皆でワイワイ楽しく過ごしていたんです。今年二人だけになったのは、「こういう楽しい大晦日を、毎年、わが家だけで独占するのは申し訳ない」と思ったからです。
 このため、娘と息子に、「それぞれに親がいるんだから、その親のためにも、大晦日に来るのは1年交代にした方がよい」と言ったんです。それはそうです。両方に親がいるんですから、わが家で独占するのはおかしい。1年交代で大晦日を過ごすのは極めて真っ当だと思います。
 というわけで、今年は二人だけの大晦日になったというわけです。でも、改めて紅白を見て思いますが、紅白って、年寄りには本当につまらない番組になってしまったんですね~。それだけ、私も歳をとったということでしょうか。さびしい・・
(というわけで、写真も何もありません。年寄り二人の写真ほどつまらないものはないですもんね。今、夜10時25分。では、もう一度、テレビでも見に行きましょうか。では、サイナラ・・) 

 
a:46 t:1 y:1



コメント


認証コード(9417)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional