時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

川上麻衣子氏対談

川上麻衣子氏との対談

画像の説明

 女優の 川上麻衣子さんとの対談記事を下記に添付しておきましたので、お暇な折にでもお読みいただければ幸いです。この対談は、国際情報マネジメント社発行の「COMPANY TANK」2013年3月号に掲載されたものです。

こちら

【川上麻衣子さんの素描】(「Wikipedia」より転載)
 両親のスウェーデン留学に伴い、スウェーデンで生まれ、その後1歳で帰国。再び9歳で訪れ約1年間をスウェーデンで過ごす。玉川学園小・中学・高等部を経てNHK学園高等学校卒業。
 デビュー作はNHKドラマ人間模様『絆』。『3年B組金八先生』第1シリーズの最終回の卒業式の場面で在校生代表で「送辞」を読むシーンで出演の予定だったが、リハーサルの後、時間の関係で撮影中止になった。ちなみに、後番組の『1年B組新八先生』のオーディションを受けたが、中学1年生には見えないと言う事で落とされている。『3年B組金八先生』第2シリーズでクラス委員を好演した[2]。翌年にはアイドルとして「白夜の世代」で歌手デビュー。1983年には篠山紀信撮影による写真集『暑い国 夢の国 生まれた国』で17歳にして初ヌードを披露。1988年の映画『うれしはずかし物語[1]』では濃厚なラブシーンが話題となった。1996年に『でべそ[3]』での演技で日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞を受賞。同年、中学時代の同級生だった鞄デザイナーの清彰久と結婚したが、2000年に離婚した。

a:2499 t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional