時事寸評 書評コーナー

welcome to shimada's homepage

ブログ/2012-11-12

Top / ブログ / 2012-11-12

塩原の紅葉を見てきました

恒例の那須へ

画像の説明

 恒例ですが、2泊3日で那須に行ってきました。今回は、娘の家族も一緒に帰りました。何と言っても、娘婿は大病後初めての旅行です。いわば全快祝いを兼ねた旅行といってもよいでしょうか。娘婿は、病後初めて温泉に入れると大変嬉しそうでした。
 2か月もの間、温泉はおろか、家の風呂にも入れない生活が続いていたんですから、喜びも一入でしょう。私は、常々「烏の行水」ですので、温泉でも比較的早く出てしまう方です。それでもこのときは、長風呂になったと自分では思っていたんですが、娘婿は、サウナ風呂まで入っていたので、私の倍ほどの時間をかけて入っていましたね。
 この写真は、那須の板倉温泉から那須湯本に向かう途中にある、KONAMIの保養所で撮影したものです。思いっきり視界が開けている場所で、個人的には、那須の中では一番眺望が良いのではないかと思っています。もっともこの施設、一応「立ち入り禁止」と書いてあるんですが、本気で阻止つもりはないようで、ごく自然に入ることができます。KONAMIの役員の皆さま、ちょっと見学程度には使わせて下さいね。断固入らせない、というきつい態度だと反発も出ますが、大企業の鷹揚さで振る舞えば、きっと企業イメージも向上すると思いますよ。

里芋とコンニャク掘りに精を出し

 翌日、私たち夫婦は、里芋掘りやコンニャク堀りなど、畑仕事に精を出しました。里芋というのは、掘りたては本当に美味しいんです。スーパーなどで売っているものとは格段に味が違います。毎年、娘や息子から「段ボール2箱分欲しい」(もちろん、タダで!)とか、多量の注文が舞い込むんです。近所の人たちや勤務先にまで持って行って、おすそ分けをしているようです。本来、お裾分けというのは、自家用にと送ってもらったものの一部を御近所様に分け与えるものなんですけどね~。例年、相当量の栽培をするんですが、今年は、分量を間違えてしまって、あまり収穫できなかったんです。このため、両家には、段ボール一箱ずつ送っただけで我慢してもらいました。
 来年は、NPO法人の仲間にも配りたいので、もう少し気合を入れて作ろうと思っています。
 なお、今年は、コンニャク芋も豊作でした。このコンニャク、皆さんは、コンニャクなんてどこのものでも同じだよ、なんて思っていませんか。ところがどっこい、これが全然違うんです。「違いが分かる男」でなくても違いが分かるんです。作りたてのコンニャク、それに甘辛味噌を浸けて食べるコンニャクの刺身、これはホントに絶品です。
 私の事務所まで取りに来てくれるなら、少しお裾分けしてもいいですよ。もちろんお金なんて野暮なことは言いません。インターネットで「コンニャクの作り方」と検索して頂けば、簡単に作り方は分かります。でも、呉々も「炭酸ソーダ」と「炭酸ナトリウム」をお間違えにならないようにお願いします。縮むべきものが膨れて大変なことになりますからね。
 因みに、その膨れてしまった私の失敗例は、こちらをご覧ください。→コンニャク作りの失敗に学ぶ

塩原温泉で紅葉見物

画像の説明

 最終日は朝から雨模様でした。天気予報では午前中雨が残るものの、昼からは晴れとの予報だったので、朝雨が降っていなかったら、塩原温泉で紅葉見物をしようということになっていました。
 朝起きたら、曇ってはいるものの、雨は止んでいました。早速、着替えをして出発です。6時頃のスタートだったと思います。那須のような観光地では、とにかく早朝が一番。東京からの観光客も来ていないし、前日からの泊り客も大体、8時か9時に出発ですから、6時ごろはガラガラなんです。その意味でも、那須に別宅(?)を持っているというのは有利ですね~。

画像の説明

 一路、塩原温泉までひた走り。と言っても時間的に僅か15分程度、すぐに紅葉が始まりました。2日前に行った板室温泉より、はるかに見事でした。家内から「どうして今まで板室温泉ばかりで、塩原温泉の方を案内してくれなかったの?こちらの方がはるかに綺麗じゃないの」となじられてしまいました。確かにその通りでした。それでも、「こんなに綺麗な紅葉は10年分見たくらいの価値があるわ~」と言われた時には、嬉しくなりました。2日前、娘たちを板室温泉に案内したばかりなので、塩原温泉の方がはるかに綺麗だったということは、絶対に内緒にしておこうということになりました。
 上の2枚の写真は、その時に撮ったものです。我々は、8時頃、ポツポツと登ってくる観光客を尻目に、家路につき、途中、のんびりとガストで朝食を済ませたのでした。



コメント


認証コード(4805)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional